カーコーティングの優れた特徴

カーコーティングの優れた特徴
カーショップやガソリンスタンドなどでよく見るカーコーティングですが、それは一体なんなんだろうかと、思う人も多いと思います。
と言うわけで、カーコーティングに、ついてのいろいろな質問に答えてみたいと考えます。

一昔前は、カーコーティングといえば、ワックスがけのことを言っていましたが、それにはじつは3つのデメリットがありました。

第1は、車屋の塗装を傷めてしまうということです。そして第2は、みずあかがついてり汚れも付いたりする原因となっていたんです。また第3は、ウインドウガラスに油膜が付いてしまうなどです。
そこで登場したのが、ガソリンスタンドやカーショップなどで話題のカーコーティングなんです。
カーコーティングはワックスとは全く違っていて、ポリマー系のものは、シリコンやフッ素などを含んでいます。
そしてそれらのら成分が塗装面に着く場合に、化学反応が生まれます。
それを、架橋反応塗装面に呼ぶのです。
耐熱性にも優れており、長い場合には3年くらい長持ちするとも言われています。
専門店でボディコーティングを施工をすると5年は持つようです。

カーコーティングの効果
6月に入ると、梅雨の時期がやってきます。そして梅雨時のドライブは、車の中に湿気や臭い匂いが困ってしまうなど、不快なことが多いですよね。そして、雨天の場合は、事故にあってしまうリスクも高まります。
というわけで、最新の便利なものをお知らせしたいと考えました。
まずは、スプレーをするだけで、曇りのガラスがクリアになるというものです。
湿気によって、フロントガラスが曇ってしまう経験は誰にでもあるものです。となると、事故率もたかくなりますよね。
それを回避するために、エクスクリア渇水ガラスコーティングというものが発売されました。
停車している風邪の無い場合や、少しくらいの雨ではクリアな視界が保たれるという優れたものです。
サイドミラー用のものも発売されています。
そしてまた、車の中に置くだけで、臭い匂いも撃退してくれるものもあります。
その消臭剤は、芳香剤のですがのうな誤魔化し方ではないんです。
コンパクトサイズながら、強力な消臭性能をもちあわせています。

カーコーティングを選ぶときの基準
それぞれの車のオーナーは、持っている感性持っ違います。そして車との付き合い方も異なって来ます。ですから、カーコーティングの選び方も個人によって変わってきます。
カーコーティングは確かに高額であるため、性能は非常に優れていますが、必ずしも全てのオーナーにとって、最適であるということにはなりません。
カーコーティングは2種類ほどあります。
それは、ガラス系コーティングと呼ばれるものと、ポリマー系コーティングと呼ばれるものです。
前者は耐熱性に優れています。そして酸性雨による劣化が少なく長持ちするのが特徴的です。
また、つやと発色が自然な様子を実現します。
それに対して、ポリマー系のコーティングは、光沢やツヤを出すために、細かな傷を簡単な埋めることが可能です。また施工の料金もはるかにリーズナブルです。
そしてなんと言っても、施工時間が短いのがメリットです。
そしてキーパーコーティングという施工もらあります。ダイヤモンドのようとクリスタルを合わせたような光沢感をだしてくれます。

PR|生命保険の選び方|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|SEOアクセスアップ相互リンク集|貯蓄|GetMoney|JALカード|shinyslut.infoで相互リンク Seo-P-link Ver3.5|全身脱毛|育毛剤|RANKERS|プライバシー面でカーフィルム|生命保険の口コミ.COM|工務店向け集客ノウハウ|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科|クレジットカードの即日発行じゃけん|エステサロン|看護師求人|

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です